MENU

ノリディを最安値で買うならまとめ買いがお得

タバコを吸う女性や高血圧気味の女性、授乳中の女性でも服用できるノリディは、これまでピルを使用したくても病気や体質、妊娠などの理由でピルを使用することができなかった人にも大人気です。

副作用が少ないので、初めてピルを使用するという人にも向いています。

さて、ノリディには28錠入りのパッケージや、84錠入りのパッケージがありますが、国内では28錠入りのパッケージと84錠入りのパッケージのどちらも流通していますが、84錠入りのほうが1錠あたりのコストは安くなります。

そのため、継続的にノリディを服用する予定なら、84錠入りのパッケージを選ぶとよいでしょう。
ノリディは薄いピンク色の箱に入っており、英語で28 Dayと表記されているのが目印です。

1日1回1錠を服用するので、1箱で約1ヶ月分ということになります。28錠入りのノリディは、海外医薬品やジェネリック医薬品を取り扱うネットショップや個人輸入代理店で購入が可能です。ネットでの最安値は、2700円から3000円前後となっています。

為替の変動により、最安値もある程度上下するため、円高jになったときを見計らって購入すると、節約になります。また、購入する量が多くなれば多くなるほど1箱あたりの単価が割引になる店が多いので、まとめ買いするのも良いアイデアです。

>>>ノリディの最安値へ<<<

ノリディは通販で買うこともできる

ミニピルのノリディは処方薬なので、基本的に医者に行って診察してもらい処方箋をもらわないと購入することができません。

もちろん街のドラッグストアには売っていません。頻繁に利用する人にとっては、いちいち医者に行って診察してもらうのは面倒だと感じる人もいます。でも実は処方箋を書いてもらわなくても、ノリディを購入する方法があります。

ノリディを個人輸入して通販で販売してるサイトがあるので、そこで購入すれば、わざわざ医者に行って診察を受けなくても購入できます。インターネットで「ノリディ 通販」などで検索すれば、すぐにいくつかの個人輸入販売業者が見つかります。ただ、個人輸入販売業者には、たまに詐欺業者もいる場合があるので注意が必要です。

インターネットの口コミ情報などをきっちり調べて、信頼できる安全な業者から購入しましょう。そうしないと、お金を振り込んだのに商品が届かないなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

それから、個人輸入通販を使えば医師の診察・処方箋なしでノリディを購入することはできますが、用法用量はしっかりと守って服用する必要があります。副作用が出る可能性もゼロではありませんから、たまに医師の診察も受けつつ服用を続けた方が安全です。

ミニピルのノリディの効果

ノリディはミニピルで、低用量ピルよりも副作用が少なく、安全性の面で優れています。

ノリディを服用することによって得られる効果は避妊であり、生理の初日から5日目から飲み始めると避妊することができます。ノリディはミニピルですので、服用を開始後は休むことなく服用を続けることが必要になります。

低用量ピルは喫煙者や高血圧症の人などには処方されませんが、ノリディは喫煙者や高血圧症の女性でも服用することができます。よって、愛用している人は喫煙者が多く、喫煙をしている女性でもピルで避妊をすることが可能になります。

赤ちゃんに悪影響を与えることはないので、授乳中の女性が服用しても大丈夫です。

ノリディには黄体ホルモンが微量しか配合されていないため、確実に避妊をするには毎日決まった時間に飲み続けることが必要になります。飲む時間が数時間ずれてしまうと避妊ができなくなる恐れがあるので、必ず決まった時間に飲み続けるようにすることが大切です。

ノリディは飲み始めてから最初の1週間は避妊することができないので注意を要します。よって、最初の1週間は別の方法で避妊をすることが必要になってきます。

これは、他のミニピルや低用量ピルでも同じです。

ノリディを試した体験談

以前は避妊や生理痛予防のために病院で処方されていた低用量ピルを飲んでたのですが、喫煙者は血栓ができる恐れがあるのでミニピルの方が良いと聞き、ネット通販で購入できるノリディを見つけ試してみることにしました。

注文する前に読んでいたいろいろな人の体験談と同様で、低用量ピルに比べて毎日の服用時間の制限が厳しくて面倒に感じたり、初めは不正出血があったり、2ヵ月に1回しか生理が来なかったりということがありましたが事前に確認していたので慌てることなく飲み続けることができました。

それに、ノリディに慣れたら不正出血もなくなり、生理の周期も安定したので今では低用量ピルと変わりなく安心して飲んでいますし、効果についても以前と変わらず避妊でき、生理痛や生理前のイライラや気持ちの落ち込みもないので問題ありません。

ノリディにしてからは、血栓ができるかもしれないという不安なくピルを飲めるようになったので、それだけでも嬉しいし病院で処方されるピルに比べて値段も安く、通院する手間も省けるので助かっています。

まだまだ予定はありませんが授乳中でも飲めるということなのでこれからもずっとノリディを飲み続けていきたいと思っています。

ノリディを試してみての口コミです!

口コミを読んで、私は避妊対策目的でノリディを購入してみました。

ノリディを使い始めた頃は、頭痛や胸の強いハリなどがあり、「もしかすると薬が体に合っていないのだろうか?」と心配しましたが、しばらく続けると次第に体も慣れていき、副作用も消えていきました。

元々彼氏はあまり避妊に協力的ではないので、デートする度に冷や冷やする事がありましたが、ノリディでしっかり避妊出来るようになり、おかげで楽しく過ごせるようになりました。彼氏からも「ありがとう」と感謝されています。

この薬は決まった時間に飲まなければいけないのが少し面倒にも感じますが、自分で時間を決めてしまえばそれが自然と習慣になっていきました。

またノリディは私にとって、避妊以外に他にも良い効果をもたらしてくれました。
実はずっと生理が重く、酷い時には寝込むほど頭痛や下腹部痛に苦しんでいました。

仕事も休んでしまう事もあり、ブルーデーは本当に憂鬱な気分になってしまうのですが、このノリディを使うようになってからは、驚くほど生理痛が軽くなりました。全く無くなった訳ではありませんが、少し痛いかな?と感じる程度で、寝込む事も無くなり、普通に元気に出社できます。

ノリディを安全に個人輸入する

ノリディ経口避妊薬として、卵胞ホルモンのエストロゲンを含まず、黄体ホルモンのプロゲスチンのみを含むミニピルです。

そのため喫煙をする人や授乳中の人、血栓症や高血圧ある方などでも安心して使用する事ができます。ノリディは個人輸入する事が出来ますが、自分で個人輸入を行うとなると結構な手間が掛かります。海外の業者とのやりとりとなるので、まず英語などの外国語で取引しないといけませんし、支払いもカードなどの決済が多く、通常国内で多く使われる銀行振り込みや代引きが使えなかったりします。

そういった手間が面倒な場合は、それらの作業を代行してくれる所で注文すると便利です。

代行業者と言っても国内には複数あり、どこで注文したら良いのかは素人ではなかなか判別がつきません。

そういった際にはネットにある口コミなどを参考にすると業者選びに役に立ちます。口コミの多さや内容はもちろんですが、良い部分だけでなく良くない口コミなどを幅広く見ておくと、いざという時のリスクを避けられます。

特に業者との間で起きやすいトラブルとして料金を支払ったにも関わらず商品が届かない、問い合わせをしてもなかなか返答が返ってこないなど、気持ちよく安全にノリディを購入する為にはこれらを避けられる優良な所を選ぶ必要があります。

ノリディの副作用

日本では避妊といえば男性主体のコンドームが主流ですが、万が一の場合に傷つくのは女性の側です。ピルを服用し自分で自分の体を守るようにするべきなのです。

ノリディはミニピルに属します。低用量ピルが黄体ホルモンと卵胞ホルモンの混合製剤なのに対して、ノリディなどミニピルは黄体ホルモンのみが含まれているのです。卵胞ホルモンには血液を固まりやすくする働きがあり血栓症のリスクがあるため飲めなかった方でも、ノリディなら飲むことができます。喫煙者や授乳中の方であっても飲めるピルなのです。

普通のピルと違って休薬期間が無く365日毎日飲み続けることになるので、服用方法も簡単です。

ただ、ホルモン量が少ないことから不正性器出血が起こりやすかったり、乳がんのリスクを上昇させたりといった副作用の心配はあります。

10パーセント以下の確率ですが、頭痛や吐き気・乳房痛・体重増加・性欲減退などの症状が、1パーセント以下の方には脱毛や月経痛・倦怠感などが起こる場合もあるので、症状がひどければ使用をやめた方がよいでしょう。

ピルにもさまざまな種類があるため、使いやすいものを使用するようにしましょう。自分の身を守ることができるのは自分自身です。